スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

リノリウムの床の上 ブルーにこんがらがって

歯車日記
2015年6月18日曇り


目覚ましのベル
無理矢理起きて風呂
何回か欠伸をした

少しだけ水飲んで外出

10年以上通っている病院
CT検査の後
胃カメラ
「楠見さん、
 胃カメラいつもしんどそうやけど
 大丈夫?」
経験値のありそうないつもの看護婦が聞く
「大丈夫ちゃうわ!」と
言いたかったが
「はい」と力なく答える

いつものように鎮静剤
おそらくセルシンを打ってもらう
自宅に置いておきたい極上のブツだ

以前
真剣に主治医に
「ください」とお願いしたが
「ダメです」と言われた
当たり前か

まどろみの中
いつもと違う苦しみ
終わってみると
時間も倍以上かかっていた

食道内にできもの
内視鏡でえぐって
病理検査に出すそうだ

詳しい話はあえて聞かなかった
看護婦に
「2、3日禁酒、刺激物、辛いものもダメ」
と言われて病院を出た
曇り空に向かって口笛
何の曲かは忘れた

駅前の中国人だらけの食堂で珈琲
騒がしくてボ〜っとできない

仮眠して店
常連さんと他愛ない話をしてる間に閉店
アルコールを我慢して珈琲
BGMはディランの「血の轍」

『暗く悲しい夜に別れた
 それがいいと二人とも同意して
 オレが歩き去るとき
 彼女はオレを見るために振り返った
 肩越しに言うのが聞こえた
 「いつか通りで会いましょう」
 ブルーにこんがらがって』

店の外へ出てみると
意外に涼しく気持ちよかった

41etpyMcchL.jpg




2015/06/20 20:15 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。