スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

理不尽な時代にロックバー店主の憂鬱

歯車日記
2015年3月6日曇り

昼前起床
珈琲と新聞
どうしてそんなに簡単に
人が殺せるのか?

「因数分解」や「現在完了型」よりも
学校で教えないといけない事があるんでは
ガキの頃おかんから
「自分がされて嫌な事を人にしたらあかん」
と厳しく言われた

怒りと虚しさとやるせなさで
気分が良くない

支度して病院
待つのを覚悟で本を2冊
それにしても当たり前のように待たされる

数種の検査
結果は相変わらず
「あなたの体ですから...」
と言われた

早めに店
掃除をして
久しぶりに「セルピコ」を見た
アルパチーノが演じたフランクセルピコは
警察組織内の汚職と闘い
1971年に汚職を告発した実在の警察官だ

定刻に開店
いただいたビールを飲みながら
「最近の若者は飲まない」
という話になった
「飲まないのではなく
 酒場のルールを知らない」
と思う
「時代だ」と言われればそれまでだが
我々が教えなければならないのだろう
「金を払ってるんだからは何をしてもいい」はずがない

まったりとした夜
GEARはお客さんに恵まれていると
つくづく思う

閉店後
さすがに酒は控えた
まだまだ寒い
帰って風呂に入ろう
明日もきっといい夜が待っている

alone.jpg

2015/03/10 20:55 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。