スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

酔いどれ小説家を憐れむ歌

歯車日記
2013年4月19日晴れ

昼前起床
晴れてはいるが寒そう
出かけるのはやめよう

珈琲飲みながら映画を二本
2001年邦画「696TRAVELING HIGH」
ロックミュージシャン川村カオリが主宰する
クラブイヴェント「696」のツアードキュメンタリー
坂田かよ、中村達也、チバユウスケ、ベンジー等
ロックンロールの解釈はそれぞれだが
少なくとも私の解釈とは違った

1945年アメリカ映画「失われた週末」
ビリーワイルダー監督が
レイミランド扮する幻覚におびえる
アルコール中毒の小説家の恐怖と苦悶を描いた作品
テルミンを映画音楽において初めて使用した
ミクロスロージャの音楽も異常な緊張感を与えている

GEAR
飲食店を経営されている若いオーナーさんと話す
『「流行ってる店の従業員のアイデアは的を得ている」が
 「暇な店の従業員のアイデアはロクなものがない」
 経営者の仕事はとにかくその店にお客さんを入れる事
 お客さんが来ない事を従業員のせいにしてはいけない』
という話は説得力があった

夜明け前
店の片付けをしていたら
無性に腹が減るが
舌を焦がすようなインスタント珈琲でごまかす
少し寝よう

20110326_1794791.jpg
「失われた週末」
ひたすらライウイスキーをあおる主人公に同情

2013/04/22 19:50 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。