スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

GEAR的映画考 Vol.3

京都
烏丸
接客したくない日だってあるさ
ロックバーGEARです

映画好きの友人に勧められました
1977年
ヴィムベンダース監督&脚本作品
「アメリカの友人」

「映画は脚本が命」と
「デニスホッパーの実力」を
あらためて感じる秀作です

日本映画では
決して表現できない
「日常」と「非日常」
映画に陳腐なヒロイズムは
鬱陶しいだけです

良ければ是非

51S3HNJ0F4L.jpg






2012/09/04 21:58 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

お久しぶり!この映画はたしか25年位に観たけど、共演者のブルーノガンツが最高よ!今でも焼き付いてるね。このDVD安くならないのよ!

No:385 2012/09/05 17:20 | slave master #- URL [ 編集 ]

slave masterさんへ

さすがにツボは押さえてますね
ダークなトーンに出てくる
時折出てくる「赤」
が印象的でした
ブルーノガンツ、名演です

No:386 2012/09/05 19:22 | BARGEARMASTER #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。