スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

タフでなければ生きて行けない 優しくなれなければ生きている資格がない

京都
烏丸
「テレビ嫌い
 しょうむないからね」
ロックバーGEARです

素敵なDVD入荷しました
映画「水の中のナイフ」の監督
ロマンポランスキーの短編集です

ポーランド人で
ユダヤ教徒の父親と
カトリック教徒の母親
の間にパリで生まれ
3歳のときポーランドに引越し
そこで幼少期を過ごしました

第二次世界大戦時
ゲットーのユダヤ人が一斉に逮捕される直前
父親はゲットーの有刺鉄線を切って
彼を逃がしましたが
両親はドイツ人に連行され
母親はアウシュビッツでドイツ人に虐殺され
父親は採石場で強制労働をさせられたという
暗い歴史の犠牲者でした

また彼自身も
ドイツによる「ユダヤ人狩り」
から逃れるため転々と逃亡
この体験がポランスキーの作品に
深く影響を与えることとなった
と言われています

初期の短編8作品
1分台のものから20分弱のものまで
いずれの作品も
ほとんどセリフがないのに
シニカルで詩的で感動的
狂った時代を生き抜いた
彼の優しさが
凝縮されています

薄っぺらい感動を
押し売りするテレビ番組に
辟易していただけに
感動もひとしおです

彼は映画監督として名を馳せた後
女優のシャロンテートと結婚しますが
彼女はかの悪名高き殺人鬼
チャールズマンソンの犠牲になり
惨殺されます
その時彼女は彼の子供を
身ごもっていました

なんという人生
なんという悲劇

それでも作品を撮り続けた
彼のたくましさに
ただただ脱帽です

roman.jpg

2012/07/23 10:45 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

ポランスキー…
「テス」って映画がありましたね。
シャロンに捧ぐ
とありました。
ナスターシャ・キンスキーの美しかったこと。。。

No:378 2012/07/23 19:07 | あい #- URL [ 編集 ]

あいさんへ

コメントありがとうございます
彼の作品は名作ぞろいですね
ほんとうに素晴らしい監督だと思います
そうは言っても全作品見てないんですが...^^):;

No:379 2012/07/23 19:13 | BARGEARMASTER #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。