スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

曇り空の午後 ガラガラの劇場で追悼

京都
烏丸
営業中は携帯に出ない
ロックバーGEARです

久しぶりに劇場で映画を見ました
小説家、コピーライター、
ミュージシャン、劇作家など多彩なジャンルで活動し
2004年に死去した中島らもの軌跡を
東京芸術大学大学院映像研究科が映画化した
「らもトリップ」です

彼の短編小説を映像化した
「クロウリング・キング・スネイク」
「微笑と唇のように結ばれて」
「仔羊ドリー」の3部作のフィクションパートと
生前、彼と親交のあった竹中直人、古田新太
宇梶剛士、大槻ケンヂらが
故人とのエピソードを披露するドキュメンタリーパート
「らも語り」がミックスされていて
中島らもファンには楽しめる内容でした

愛娘の中島さなえさんの
生前らもさんが
「俺はロッカーになりたいねん」と
ぼそっと言ったエピソードが
印象的でした

彼のバンドは
決して上手とは言えませんが
独特のロックグルーブを持っていて
大好きです

エンディング曲「いいんだぜ」は
石田長生氏の
ブルースで
ソウルフルで
物悲しい
ギターソロが素晴らしい
決して放送できない最も美しい発禁ソングです

big.jpg

2012/06/19 21:23 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。