スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

ダコタハウスのジェラスガイ

「ふたりに疲れてはひとりに戻り
 まただれか恋しくてまた繰り返す
 屋根の上の猫がそんな俺を見て
 めずらしいものでも見るよな顔して笑った

 変わりゆく時間に心まどわされ
 今日一番の宝は明日屑かも知んねぇ
 恋人たちの手はきつく握られたまま
 俺たちにもう何も見せるな
 叫ぶようにつぶやいた

 12月
 街はクリスマス気分
 あちこちから想い出したようにジョンの声
 そして俺ときたらこのごろになると
 なにかやり残したようなやわらかな後悔をする」
 (12月/SION)

今日はジョンレノンの命日です
一人の狂ったファンの凶弾に倒れてから31年
あちこちで追悼イベントがあることでしょう
敢えてブログではSIONの曲を紹介しました

「あちこちから思い出したようにジョンの声」

というフレーズが好きです

john-lennon-and-keith-richards-playing-guitar-05138_convert_20111208185431.jpg

2011/12/08 18:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。