スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

ブルース探究者の憂欝

私がこのアルバムを聴いたのは
随分後のことでした
「盲目的真実」と名付けられた
バンド名と同名のアルバムタイトルは
何故か邦題では「スーパージャイアンツ」でした
「スーパージャイアンツ」と聞くと
大昔の東宝映画での宇津井健のモッコリ姿を
想像してへこんでしまいます
当時私はこのアルバムを理解できませんでした
ひょっとすると今でも理解できていないかもしれません
クリームを解散したエリッククラプトンとジンジャーベイカーが
スティーブウインウッドと結成したブルースロックバンドですが
後期クリームの延長線上の激しいブルースギターを期待したために
肩すかしを喰らいました
私の中ではこのアルバムは
エリッククラプトンが作曲した「PRESENCE OF THE LORD」を除けば
「ジャズ」です
おそらくスティーブウインウッドが主導権を握っていたためでしょう
この1年後
エリッククラプトンはさらにブルースを求めて
「デレクアンドザドミノス」を結成します

blindfaith.jpg
BLIND FAITH 1969

2010/08/07 16:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。