スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

逃亡用のジェット機を用意しろ!

1972年8月22日2時57分
36度といううだるような暑さのニューヨーク
ブルックリン三番街のチェイス・マンハッタン銀行
に3人の強盗が押し入りました

1975年アメリカ映画
シドニールメット監督
「DOG DAY AFTERNOON(邦題:狼たちの午後)」
入荷しました
実際に起こった銀行強盗をもとに描いた犯罪映画で
犯人の動機はゲイである恋人の
手術費用を得るためのものでした
銀行強盗犯を演じたアルパチーノ
の名演技が見られますが
当時は
「大げさすぎる」
「演技がわざとらしい」
と酷評だったようです
見どころは
250名もの警官に包囲され
勝ち目無しと判断したアルパチーノが
恋人である男性に
銀行から電話をかける場面
ゲイでない私が見ても
切なく哀しいシーン
決してカッコ良くない人間性を
描いています
それこそ
暑い日の午後にご覧ください

d0151584_18195472.jpg
アルパチーノ35歳 若い!

2011/05/06 11:55 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。