スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

真夜中のBoogie

京都
下京区
ロックバーGEARです
昨日
平日にもかかわらず
たくさんのお客さんに来ていただきました
ありがとうございます
忙しい中
イギリスの凄腕ピアニスト
ベンウォーターズがローリングストーンズ初期ピアニスト
イアンスチュワートに捧げたトリビュートアルバム
「BOOGIE 4 STU」がヘビーローテーションでした

イアンスチュワート(Ian Stewart)
愛称スチュ
1938年スコットランド生れ
デビュー前
プロデューサーのアンドリュールーグオールダムに
ルックスがバンドの雰囲気に合わないと解雇された
ストーンズのオリジナルピアニスト
普通ならそのままバンドを去ってもいいのに
彼は楽器を運んだりするローディーとしてバンドに残り
時折ステージにあがり素晴らしいブギウギピアノを演奏したり
レコーディングに参加したりとストーンズを影で支えていました
アルバムのハイライトは
ミックジャガー、キースリチャーズ、チャーリーワッツ、ロニーウッド
というストーンズの全メンバーに
1992年に脱退したベーシストのビルワイマンが参加し
ボブディランのカヴァー「ウォッチング・ザ・リヴァー・フロウ」
を演奏している点です
まさにスチュの人柄が起こした奇跡
日本盤にはボーナス特典として
1984年モントルージャズフェスティバルでの
生前のスチュのライブ音源が収録されています
翌年の1985年
心臓発作により47歳の若さで他界
訃報を聞いたキースが
「俺達一体これからどうすりゃいいんだ!」
と嘆いたとか
私も知らないうちにスチュより年上になってしまいました
RIP

4111021128.jpg
ジャケットアートワークはビートルズ『サージェント・ペパーズ~』
を手がけたピーターブレイク

2011/04/13 15:37 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

スチュといえばラコステのポロシャツ

聞きたいナー、Boogie 4 Stu。
イアンスチュワートって初期のストーンズに
とっては無茶苦茶デカイ存在やったと思います。
バンドメンバーにブギウギピアニストがいるんですよ。
当時のシーンではエレピやオルガンがヒップだった
けど、ストーンズの生の黒さは他のバンドと違った
んでしょうね。
スチュの弾く「Now」B面1曲目の
「Down the road apiace」は最高の演奏ですね。
バンドが最高にロールしてます。
やっぱストーンズ凄いわ。

No:143 2011/04/15 14:55 | D18 #- URL [ 編集 ]

D18さんへ

GEARで聴けますよ
仕事ばっかしてんと
たまにはゆっくり飲みなはれ

No:144 2011/04/15 15:02 | GEARMASTER #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。