スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

「宇宙の中心」で何を叫ぶ?

1969年夏
ニューヨーク州の田舎町に
ウッドストックフェスティバルを誘致した青年
トムモンテとエリオットタイバーの回想録
を原作とした2009年アメリカ映画
『ウッドストックがやってくる』を見ました
「ふ~ん」
「成程」
「???」
が上映直後の狭い劇場の椅子の上での感想でした
ヒッピーでもなんでもない
30代のデザイナーでゲイのエリオットダイバー
潰れかかった家業のモーテルを立て直そうとしていた矢先
開催場所を探してさまよう巨大イベント
「ウッドストックフェスティバル」に運命の絆を感じ
その誘致に打って出ました
全編ほぼ彼の奮闘記
自宅から6キロ離れた会場
「宇宙の中心」と言われた場所に何度となく向かうけれど
おそらく「そこ」から放たれていた強烈なエネルギーを
映画からは感じ取れなかったのが残念でした
単純にジミヘンやジャニスの姿が見られなかったから
かも知れません
おそらくアンリー監督は敢てその手法を取らなかったんでしょう
それにしても
動員数40万人というのは永遠に打ち破れない大記録でしょう
「そこ」に何があったのか
実際に体験したかったですね

woodstock.jpg

2011/04/11 10:32 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。