スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

誰か放射能を止めてくれ!

今朝の京都新聞
凡語
「日本に原発が存在しなかった55年前
湯川秀樹博士が今日の私たちの姿を
見通すような言葉を残していた
『人間は原子力発電を望むと同時に
核爆発を恐れなければならなくなってきた』
福島原発事故にどれだけの科学者が責任を
感じているだろう
『想定外』の事態に原子力安全委員長が
『割り切らなければ原発は設計できない』
といった発言からは恐れは感じられない
多くの科学者、専門家が原発の安全審査に
かかわってきたがそれぞれ今回の事態について
見解を聴かせてもらいたい
それが科学者としての責任ではないだろうか」
同感です
結局「現場で戦う」のは一般の人たちで
お偉方や先生たちは「あ~だこ~だ」
言うてるだけにしか見えません
悲しくて悔しい現実です

2011/04/07 14:53 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

『割り切らなければ原発は設計できない』とは原子力安全委員長の発言に相応しくないですね。。。

危機管理意識以前に日本はしっかりチェック機能を果たす組織を築く必要がありますね

No:139 2011/04/08 19:18 | Venceremos #- URL編集 ]

これは、天災ではなく立派な人災!!!
人災ってことは誰が責任とるの??

責任とれない、コントロールできない!!物を作るべきではないでしょ??!!

と、俺は思うんだけど・・・

No:140 2011/04/09 13:00 | 博多のBoss #- URL [ 編集 ]

コメントありがとうございます!
いつも責任とって誰かが辞職
けど、職を失うわけではなく
役職を降りただけ
総理大臣もずっとこのパターン
「仕事辞めたらその日から喰えない」
どうして我々が当たり前に背負っているリスクを
役人は負わなくていいのでしょうか?
納得いかないですよね

No:141 2011/04/09 14:50 | Venceremosさんへ #- URL [ 編集 ]

博多のBOSSへ

BOSS!
いつもコメントありがとうございます!
あれだけ「安全」と言いきって
今回の理由が「想定外」
全然納得いきませんよね
原発の現場で作業しているのも
末端の現場担当者
政治家や学者は
「客観的にコメントするだけ」
いつからこんな国になったんですかね

No:142 2011/04/09 14:55 | GEAR #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。