スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

キャデラックレコード

1940年代後半アメリカ 
シカゴの片隅で1人の若者
レーナードチェスが
ナイトクラブを始めました
そこから
マディウオーターズやチャックベリーなど
その後の音楽史を変える
ミュージシャンが育ちました
「チェスレコード」の
誕生から衰退までを綴ったドキュメンタリー映画
「キャデラックレコード」を見ました
中でも
マディーウオーターズと
ローリングストーンズが
初めて会った何気ないシーンは必見です
タイトルの由来は
オーナーのレーナードチェス氏が
ヒット曲を放ったミュージシャンにご褒美として
当時最新型の「キャデラック」をプレゼントしたからだとか
何ともアメリカらしいわかりやすいエピソードです
エタジェイムス役のビヨンセも艶っぽくてよかったです
ブルースが好きな方
当時のアメ車が好きな方
ビヨンセファンの方
お勧めです

1627_1.jpg

2010/07/14 09:46 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。