スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

蒸し暑い午後 消えた年金

会社を退職後も
「国民年金」と「健康保険」は自腹で
払わなければなりません
開業準備中はこうした出費が
ボディーブローのように効いてきます
まず「国民年金」
私は免除申請をして受理されました
要するに
「今は払わんでええけど後でまとめて払ってね」
という事で支払いが先送りされただけです
何らかの事情で払えなくなった場合は
もらえる年金額から減額されます
次に「健康保険」
私はいわゆる「任意継続」をしました
これは退職後20日以内に申請すればOKです
「国民健康保険」とどちらが得かというと
いちがいには言えません
その人の年齢や過去の年収によって変わるからです
いずれも結構な金額です
年金も保険も独立支援の優遇策はなく
窓口のおじさんやおばさんにごちゃごちゃ言うのも
大人げないので黙って言われたとおりにしています
それにしても何千万件という年金データをスッ飛ばしといて
未だほとんど解決せずという現実もすごいですよね
「正直者がバカを見る」社会にだけはなってほしくないですね

rocket-to-russia.jpg
暗くなっても仕方がないのでご陽気に

2010/07/12 17:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。