スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

そしてナイフを持って立ってた

「汚い声やな」
第一印象でした
おそらく1977年の冬
ラジオで聴いた「WHITE RIOT」が初体験です
当時ハードロックからプログレ、ヘビーメタルと
テクニック重視やシンセサイザーの台頭など
ロックが「がんじがらめ」になっていたような気がします
そんな中
ガレージから怒髪の若者が3コードと問答無用のシンプルな歌詞で
ロックの歴史を塗り替え
当時私も髪の毛を逆立て
意味もなくナイフを持って登校しました
今やパンクはパロディでしかありませんが
「パンクはファッションでなくアティテュード」と言い放った
ジョーストラマー
2002年の今日12月22日
サマセット州ブルームフィールドにある自宅で死去
バンドのメンバーであった
ポール・シムノンとミック・ジョーンズによれば
トッパー・ヒードンを加えた4人で
クラッシュがロックの殿堂入り授賞式で
再結成することを検討している最中の死去だったそうです

CLASHome.jpg
あえてコレ 副題が「獣を野に放て」

2010/12/22 11:56 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。