スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

痩せた男のバラッド

「ブリティッシュロックへの旅」
という本をいただきました
大のロックファンである作家の山川健一氏が
カメラマンの小川義文氏と一緒に
ミュージシャンのゆかりの地を
レポートし写真に納めるという内容で
あっという間に読み終えました
ローリングストーンズ
ビートルズ
フェイセス
フリー
エリッククラプトン
ザ・フー
etc
ブリティッシュロックの重鎮ミュージシャンの
歴史や顛末が赤裸々にレポートされています
1969年7月3日ブライアンジョーンズが謎の死を遂げた
自宅のプールはもともと「くまのプーさん」の作家
A.Aミルンが住んでいた邸宅という事実には驚かされました
そのプールの写真は「奇麗だけど物悲しい」
何とも言えない写真です
他にも興味深い写真はたくさん載っていますが
このプールの写真を見るだけでも価値があると思います

30446483.jpg


2010/12/16 20:43 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

B.ジョーンズのプール写真、同感です。
綺麗だけど、何かが悲しい。
このプールのもの悲しさがB.ジョーンズの生きざまそのものかもしれませんね。どこか「憂い」な感じがあるところ。。。
ストーンズのメンバーは全員好きですが、個人的に特に
B.ジョーンズに興味を持ってしまうのはこのあたりかもしれません。

話は変わりますが、表紙の小川氏のレスポールがあまりにも美しすぎますね。

No:80 2010/12/17 18:27 | Gnishimura #TTM2yvWU URL [ 編集 ]

もともとストーンズはブライアンジョーンズが作ったバンドですが
彼は作詞作曲ができなかったのと歌が歌えなかったのが致命傷でした
ブルースギターはめちゃめちゃ上手でキースやミックに教えていたそうなんですが...
彼にとってストーンズにいた事が幸だったのか不幸だったのか
今となってはわからないし知りたくもないですね
「ジャジューカ」聴きながら飲むのがせめてもの弔いです

No:81 2010/12/17 22:05 | GEAR店主 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。