スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

雨の午後 怒涛のエレクトロニカ

私が最も縁遠い
ハウスやエレクトロニカの
CDを約60枚いただきました
「食わず嫌い」を克服するため
1枚ずつ聴いてみました
率直に言うなら
「どれも同じ」
でした
単調なビート
無機質な機械的な音
サンプリング
深夜のクラブでよく聴く音楽ばかりでした
私は物心ついたころから音楽とは
「身削ってナンボ」と考えていましたし
今更変えるつもりはありませんが
こういった音楽がもてはやされるのは
「身削ってナンボ」という考え自体
暑苦しくて鬱陶しく前時代的なんでしょうね
熱く話すよりメールやツイッターなど
ドライでクールなコミュニケーションが
主流になりつつある今
朝から「ストリートファイティングマン」
を聴いているオヤジが受け入れられるはずがないですね

CA90BX7N.jpg

2010/12/13 15:09 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

身削って

先週末、正司敏江・玲児の玲児さんが亡くなられました。
玲児さんの敏江ちゃんに対する突っ込みの域を超えた容赦のないシバキとキック、
それに応戦する敏江ちゃんの私生活をさらけだした毒舌。あれは、ロックです。いや、パンクです。
まさに身削ってのドツキ漫才でした。もうあの漫才が見られないと思うと残念です。
スタイリッシュな漫才はもういいので、魂の底までえぐるようなボヤキ漫才とドツキ漫才が出てきて欲しいと願う今日この頃です。
先日、奇しくも敏江・玲児の曲が入ったオムニバスCDが発売されました。
「ローオン歌謡列伝」。松竹系を中心とした芸人さんの曲が宝箱のように詰まっています。
フラワーショー、ぼんはやと、トリオザミミック、宮川左近ショーからは松島一夫。
そしてフラワーショーのばらちゃんのソロも!
ハウンドドッグテイラーやライトニンホプキンスが好きな方にはぜひお勧めです。一度検索してみて下さい。
もう演芸ネタ書きませんのでマスターお許しください。

No:76 2010/12/13 17:50 | D18 #- URL [ 編集 ]

D18さんへ

正司敏江・玲児さんの玲児さんが亡くなられた日
ツイッターで「遠のく昭和」とつぶやきました
土曜日や日曜日の午後にそういった
「パンク演芸」がテレビで放映され
げらげら笑っていた頃が懐かしいです
放送コードぎりぎりのシュールなネタのオンパレード
今ならアウトですね
いずれにせよ1970年代ちゅうのは
凄い時代でした

No:77 2010/12/13 20:02 | GEAR店主 #- URL [ 編集 ]

店主さんはじめ書き込みをされている方
音楽からお笑いまでみなさん博識ですね
社会人になるまで神戸にいましたので
上方演芸の話はとても共感しました
土曜日は学校から帰ってよく道頓堀アワーを見ました
松竹の芸人さんはどこか独特でした
面白いのですが何処か殺気と影があって
みなさん私ときっと同年代なのでしょうね
これからもこのブログ楽しみに読ませていただきます

No:78 2010/12/13 23:46 | マシュマロ #- URL [ 編集 ]

マシュマロさんへ

コメントありがとうございます
「道頓堀アワー」懐かしいですね
松竹の芸人さんでは「寛太・寛大」とか大好きでした
あの頃の芸人さんは本当にキャラが際立ってましたよね
これからもどうぞよろしくお願いします

No:79 2010/12/14 02:12 | GEAR店主 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。