スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

夜明けの口笛吹き

シドバレット初のオールタイムベスト
「幻夢 シドバレットオールタイムベスト」
をよく聴いています
1967年ピンクフロイドの中心メンバーとして
作詞 作曲 ギター ヴォーカルを担当していましたが
案の定「ドラッグ」による精神崩壊で脱退
その後 最低の精神状態で何枚かのアルバムを残し
10年足らずで音楽業界を離れ
2006年糖尿病による合併症で他界しました
今回はピンクフロイド時代とソロ作品からの
究極のベストアルバムです
あらためて聴いてみると
他に類を見ない彼の「楽曲」と「声」は
かなり「危険な香り」を放っています
ビートが早くなくても
ギターの早弾きがなくても
鋲を打った革ジャンを着てなくても
十分に「ROCK」でした
プロデュースは盟友デヴィッドギルモア
ジャケットアートワークは元ヒプノシス
のストームトーガソンです
震えて聴いてください

300.jpg
「今」のデザイナーではできないでしょうね
Syd.jpg
若き日のシドバレット
めちゃめちゃ男前


2010/12/03 20:07 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。